10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.12 (Sat)

鏡開きの夜に

昨日は鏡開きでした。

晩ごはんのデザートに、缶あずきを使った簡単な「ぜんざい」を準備しま
した。甘党のうちの夫&息子たちですが、小豆系の甘いものはそれほど
ではないようで、張り切って大量に作ると全部私が食べる結果になって
しまいます(^▽^;) 缶あずきを使ってきっちり4人分食べ切りの量で作り
ましたが、やっぱりちょうどよかったみたい。

夕食のおかずの1品に、生協で購入した「アジフライ」を作ったのですが、
これが大きな悲劇のもとに・・・。真ん中の大きなお皿にのっかっている
ヤツですが、ちょっとカレー風味で子供にも食べやすいものです。

・・が、さあ、ぜんざいをいただこうかというときに、なんだかJくんの様子
がおかしい。ぜんざいを食べるのをとっても楽しみにしていたのに、もの
すごーくテンションが低い。で、さっきまで美味しそうに食べていたアジフ
ライを食べかけたまま、固まっている様子。

「痛い。・・・のどが痛い~~。」

えーーーーーーーーーー!全くと言っていいほど骨が入っていなかったア
ジフライで、トラブルが起きようとは!家族みんなでびっくり!!Σ(・∀・;)

魚の骨がのどにひっかかったことがなかったうちの次男。骨がのどに残って
いることが怖いのと、ちくちく痛むのとで、涙をぽろぽろこぼしながら泣き出
しました。

こういうとき、昔だったら、「ごはんを丸のみしなさい」って無理やり魚の骨
をごはんと一緒に胃袋へ流し込んでましたよね。実際、私も何度となく、ご
はんに助けられましたが・・。今は、魚がかえってのどの奥に刺さってしま
う恐れもあるため、そういうことはしてはいけないことになっているんです
よね。耳鼻科に行って取ってもらうのが一番いいのだそうです。

とりあえず、病院へ・・とは思うものの、骨を取ってくれる耳鼻科は夜間に
診察してくれるところって、近辺には無し。

以前、久留米にある総合病院に中耳炎で耳の痛みを訴えるJくんを連れ
ていったときも、耳鼻科は対応できないと断られたし。大学付属の病院
なんかにも電話したことがありますが、耳鼻科の先生がいたら診察して
もらえるかもしれないけど、無理かも・・・みたいな対応。結局、中耳炎の
ときは、電話口の看護婦さんのアドバイスで、前に小児科でもらった鎮痛
剤を飲ませて痛みを抑えて、次の日に近くの耳鼻科へ連れて行きました。

そんな感じで、連れていく病院を探すのが本当に大変!

案の定、消防局の救急案内の番号に電話をしてみても、総合病院に問い
合わせて耳鼻科の先生がいれは、診察してもらえるかもということだった
ので、夫とどうしようかと頭を悩ませていると・・泣き疲れたJくんは眠って
しまいました。

とりあえず寝かせて、朝まで大丈夫そうだったら近所の耳鼻科で受診する
ことに。寝れるくらいだから、痛みは少しは落ち着いた模様でした。

で、今日の朝。

この時期の耳鼻科の混雑ぶりはスゴイですよね。なるべく早く痛みから解
放してあげたいと思って、受付開始時間にまず病院へ。そこは、診察時間
の1時間前から受付を始めるところなんです。受付開始10分前に辿り着く
と、すでに行列がε-(;ーωーA フゥ… とりあえず、13番目に受付を済ませ、
一度家に戻って、診察時間に息子を連れて出直しました。

意外に待ち時間は少なくて、あっという間に息子の名前が呼ばれました。
・・・が、ビビリのJくんは、前に中耳炎で切開されたことを思い出したようで
号泣&号泣。なだめすかして、診察室へ連れて行き、看護婦さんにガッシ
リ抱きかかえられて、診察が始まりました。

口を開けて3分ほど。ちっちゃな骨がピンセットでつまみだされました。

はやっ。

興奮して泣き叫んでいた息子ですが、「もう取れたよ、ほら、この骨だよ。」
という先生の声にピタリと泣きやみ、

ありがどうございばじだーーーーーー(TдT)

と大きな声でお礼を言うので、周りは大笑いでした。押さえつけられての
診察は怖かったけど、骨のチクチクが無くなって本当に嬉しかったのだそう。

昨日の夜から大騒ぎだったのに、3分で取れた魚の骨。

ネットである程度調べていたので、心構えとお金の用意は万全でしたが、やっ
ぱり診察料を聞いて、ちょっと動揺しました(^▽^;) 

5120円也

魚の骨を取る処置は手術扱いになるので、高額になるのだそうです。夜間
に大学病院なんかで処置してもらうと1万円くらいになるというお話なので、
ほんと気をつけないと。でも幼児の場合は、乳幼児医療補助で医療費は
戻ってくるし、小学生や大人も保険に入っていれば保険金の対象になるみ
たいです。小学生は、学校給食で今回みたいに骨をのどに引っかけて病院
に行った場合は、学校の方の保険がおりるのだそうです。

ただ、後から戻ってはくるけど、まさか魚の骨で5000円とか1万円とか払う
なんて普通思わないですからね~(ーー;)  耳鼻科に行くときは要注意です。

ただでさえ、魚料理が食卓にあまり上らない我が家。当分、魚がお目見え
しなくなりそう。

20080111.jpg
スポンサーサイト
EDIT  |  21:35  |  DIARY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。