09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.29 (Wed)

たまには丼もので

 <<今夜の我が家の晩ごはん>>

 ○ マグロのユッケ丼(奥薗先生のレシピ)
 ○ 鶏つくね(節約本のレシピ)
 ○ 焼きいかの北京風(ウー・ウェンさんのレシピ)
 ○ なす味噌
 ○ 大根のお漬物(私の母のレシピ)
 ○ グリーンサラダ
 ○ もやしのおつゆ(私のレシピ)
 ○ イチゴ

20060329.jpg


 今夜の主食は、キハダマグロを使ったお手軽丼。奥薗先生のレシピなので、簡単&美味しい1品になりました。さくのマグロを切って漬け汁に漬け、ごはんの上にのっけるだけ。普通にお刺身にして食卓に出すことが多いマグロだけど、たまには丼も目先が変わっていいかも。夕食のときは「ご飯」を食べない夫も、丼には心が動いたのか喜んで食べておりました(^-^)

 主菜には鶏のつくねを。鶏ミンチ・塩・青ねぎを混ぜてこね、フライパンで焼いて甘辛いタレを煮絡めたものです。簡単に作れて便利でしたが、食感が思ったよりも柔らかくなかったのと、タレの塩気が少し強すぎたので、家族ウケはイマイチ。つくね自体は息子たちが大好きなので、もうちょっと美味しくできるように研究してレシピを作ってみなければ。新しい課題です。

 副菜にはいかの炒め物と、なすの炒め物、そして大根の漬物を。いかの方は、昨日使いそびれてしまった解凍済みのいか2はいを使いました。炒め物としてはとても簡単なのだけど、皮むきなどのいかの下処理は面倒。。お味は、上品なやきいか風といった感じで、いかも柔らかく仕上がって美味しかったです。不器用&不精な私は、魚関係の下処理が苦手だということを夫もよく知っているので、いかをさばいて作ったというだけで夫は喜んで褒めてくれました(^▽^;)
 なすの炒め物は、前の日記で紹介したことがある正福の「ソース日本」を使って簡単に作りました。なすを炒め揚げして、ソースと煮絡めるだけの簡単仕様です。お漬物は昨晩仕込んでおいたものですが、いい具合の漬かり加減でした。ラー油を切らしていたので、普通バージョンでいただきました。明日、ラー油を買いに行こうっと。

 スープは、「もやしのおつゆ」を。生姜の風味を少しきかせて、とろみを強めにつけた温かスープです。優しい味わいが気に入ったのか、もやしがあまり好きではないUちゃんが、珍しく美味しいと食べてくれました。

03291.jpg03292.jpg
03293.jpg03294.jpg
03295.jpg03296.jpg


-----------------------------------------------------------------

 昨晩焼いた「トマトバジルブレッド」。寒いので膨らみ具合が心配でしたが、いい感じに焼けてくれました。HBで焼いているときからピザっぽい香りが。お昼にチーズとウィンナー、スライス玉ねぎをのせて焼いて食べましたが、本当にお手軽ピザという感じで美味しかったです♪ 

03297.jpg


 今日のおやつの六花亭の「マルセイバターサンド」と「マルセイチーズ&ビスケット」。バターサンドは生協の共同購入で買ったもので、チーズ&ビスケットは先日の妹の帰省のお土産。チーズ&ビスケットの方は初めて食べたのですが、自分でチーズクリーム(レアチーズっぽい)をビスケットにのせたりはさんだりして食べるのだそう。クリームもビスケットも甘さ抑えめで、またバターサンドとは違った雰囲気でした(^-^)

03298.jpg03299.jpg
03290.jpg

スポンサーサイト

テーマ : ばんごはん - ジャンル : グルメ

EDIT  |  21:29  |  晩ごはん(レシピ付き)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。