06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.01 (Wed)

お手軽副菜@4色なます

  
 <<今夜の我が家の晩ごはん>>

 ○ 豚のみそ漬け焼き(オレンジページのレシピ)
 ○ 焼きサバのフレッシュソース(ケンタロウさんのレシピ)
 ○ 里芋とベーコンの煮っころがし
 ○ 4色なます(私のレシピ)
 ○ 鶏ときのこのけんちん汁風(試作)
 ○ グリーンサラダ
 ○ ごはん
 ○ ババロア(藤野真紀子先生のレシピ)

20060301.jpg


 主菜はお肉と魚を1品ずつ。少し前に買ったオレンジページに載っていた「豚のみそ漬け」。そういえば、結婚してからみそ漬け焼きって食べたことがないな~と、ふと思い、冷蔵庫にあったトンカツ用のお肉を使って早速作ってみました。夫がみそ漬けがあまり好きではなかったので、ずーっと食卓には上らなかったのですが、息子たちが食わず嫌いになってしまっては困るもんね。
 味噌とみりんとお酒・砂糖を混ぜ合わせたものを、豚肉の両面にたっぷり塗ってラップで巻いて1時間ほど置き、軽く味噌を落としてフライパンで焼きます。今日はレシピどおりの作り方でやってみたけど、出来上がりが少し硬めだったかなあ。次はあわせ味噌にお肉を柔らかくする調味料を加えて作ってみようと思います。
 魚は、簡単なトマトバジルソース(トマト・オリーブオイル・塩・バジル)をトッピングした焼きサバ。ケンタロウさんの「おかずの王様」に載っているレシピなのですが、フレッシュトマトのソースをのせるだけで、普通の焼きサバがイタリア~ンな雰囲気になるんですよね(^-^)

 副菜に2品。里芋とベーコンの煮っころがしと4色なます。4色なますの方は、思いついてぱぱっと作ったものです。

 【4色なますの作り方】

1:大根(10cmぐらい、にんじん・きゅうり(各お好み量)を千切りにして、軽く塩をふってもむ。10分ほどおいて、水気をぎゅっと絞っておく。

2:甘酢(米酢大さじ2・水大さじ1・砂糖大さじ1・塩少々)を作る。

3:1と塩こんぶ(お好み量)と2の甘酢をボウルに入れ、よく混ぜ合わせて出来上がり♪ 早めに作って味を馴染ませる方が美味しくいただけます。

 スープは、鶏肉で出汁をとったけんちん汁風のものを作りました。塩だけで味付けをして、水溶き片栗粉で少しとろみをつけました。藤子ちゃんのブログで「おじや」を見て美味しそうだったので、明日のお昼にうちでもこのスープを使って「おじや」にしようと思います(^-^)

 で、最後にデザート。Uちゃんが生まれた年のESSEに、有名なお菓子やパンの先生たちのレシピを特集した号がありました。かなり豪華な内容なので、捨てずにずっと活用している本なのですが、その中に藤野真紀子先生の超簡単に作れる「ババロア」のレシピが掲載されています。
 市販のゼリーの素を分量どおりお湯で溶かしたものと、八分立てにホイップした生クリームを合わせて混ぜ合わせるだけで、ババロアが出来てしまうのです。元レシピでは、スライスした果物をトッピングしてありますが、うちでは省略。小さなガラスのグラスに入れて、冷蔵庫で冷やしました。
 本当に簡単だし、ゼリー液と生クリームを混ぜるとババロアになっていく様子は見ていて楽しいので、子供と一緒に作るおやつにいいかも。今度は、UとJに混ぜ混ぜさせて作ってみよう♪

03011.jpg03012.jpg
03013.jpg03014.jpg
03015.jpg03016.jpg


-----------------------------------------------------------------

 先日焼いた「クリームチーズの食パン」が、思っていたより家族ウケしたので、今日も「まりの部屋」の上田まり子さんのレシピで、「生クリーム食パン」を焼きました。膨らみもなかなかのもので、皮はパリッ、中はしっとりふわふわといった出来でしたヽ(´ー`)ノ 

03017.jpg

スポンサーサイト

テーマ : ばんごはん - ジャンル : グルメ

EDIT  |  23:39  |  晩ごはん(レシピ付き)  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

初めましてーー。
とっても豪華なお食事です。
写真の撮りかたもとっても素敵!
見習いたいことがいっぱい詰まってるブログに出逢えて嬉しいです。
私も頑張ろう!という気になります。
また、寄せてもらいます。
色々と研究させて下さい♪(#^.^#)
コナツ |  2006.03.02(Thu) 12:02 |  URL |  【コメント編集】

初めまして、コナツさん♪
遊びに来ていただけて光栄です。うちの食卓、豪華というわけではなくて、安上がりなおかずをずらりと並べているだけなんですよ(^▽^;)

私もいろんな方のブログを拝見して、刺激を受けます。コナツさんのブログにも遊びに伺いますねヾ(*'-'*)
BETTY |  2006.03.02(Thu) 13:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

けんちん汁けんちん汁(建長汁、巻繊汁)は建長寺発祥の精進料理。神奈川県鎌倉市の郷土料理。大根、にんじん、ゴボウ、里芋、蒟蒻、豆腐を胡麻油で炒め、醤油で味を調えたすまし汁である。建長寺の修行僧が作っていたため、「建長汁」がなまって「けんちん汁」になった説と
2007/10/06(土) 05:09:39 | やっぱり日本食
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。