FC2ブログ

05月≪ 2006年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2006.06.19 (Mon)

父の日の晩ごはん:広島風つけ麺

 今日は父の日ということで幼稚園の日曜参観日でした。

 Uちゃんは宿題を終わらせてからDSで遊びたいとのことだったので、お留守番。前の日の晩、趣味の車仲間との飲み会に出席して終電に間に合わず、

朝帰り(#゚Д゚)ゴルァ!!

してくれた夫と私、そしてJくんの3人で幼稚園へ出発。
 
 朝はどんより曇り空だったのが運良く持ち直してくれたので、親子ミニ運動会が予定通り開催されました。1時間弱くらい、親子でフォークダンスをしたり、団体競技をしたり。いつもはママべったりで、私と離れるとすぐに号泣するJも、今日はゴキゲンでパパと一緒に踊ったりゲームを楽しんでいました。
競技も勝ち負けは置いといて、Jくんがキチンと指示されたことが出来るのかが心配だったけど、「保育時間に少しずつ練習していた」ことを聞いて、ちょっと安心。なんとか自分の順番がきたら、無難にこなしていました。よかった、よかった。他のお子さん達もあどけないながらも一生懸命に頑張っていて見ていて本当に微笑ましかったです(^-^)
 
が、お天気良すぎでかな~り暑い!!後半は夫も息子も汗だくで無表情(^▽^;)

 お疲れの2人↓
6187.jpg


 ミニ運動会自体は楽しかった模様で、帰りの車の中ではJくんは「楽しかったね」とにこにこ顔でした。Uちゃんのリクエストで帰りにマックに寄り道してお昼ごはんを買って帰宅しました。

 夕方から、夫が寝室として使っている部屋の整理と、ベッドの解体作業をしました。どうしてかと言いますと


 転勤が決定


したからなのです(ー公ー)  いよいよ、広島とお別れするときがやってきました。夫の会社は転勤の2週間前にならないと内示が出ないので、本当にいつも急な引越しとなります。夫は7月の頭には次の転勤地へ赴任しなければならないので、とりあえず、夫の身の回りの整理を先に始めました。私と息子たちは7月の末までこちらに残って、引越しの準備をします。せっかく喜んで通っている幼稚園や小学校に少しでも長く通えたら・・という思いもあります。
 私自身は常に「転勤」のことは頭にあって、心の準備もしていたつもりなんだけど、やっぱりかなり動揺してしまいました。内示の知らせを聞いたのは1週間前でしたが、色んなことが頭に浮かんで何も手につきませんでした。子供たちのことはもちろん、自分の生活のことも。やっと慣れてきたパートのお仕事や、幼稚園の役員活動、少しずつ築き上げてきた人間関係・・。全部消えて無くなるんだと思うと、ほんと切ない気持ちになりました(TдT)

 まあ、でも、もやもやしていても何も進まないので、楽しいことだけ考えることにして前向きにいくこと決めました。次の転勤地は、実は私の故郷「佐賀」なのです。少し前に夫が真剣に先々の話をしたことがありました。転勤でそれぞれの実家(仙台・佐賀)の近くに行くことがあれば、転勤のある営業職を離れ違う部署に配属願いを出し、家を建てて永住したいという内容でした。
子供たちのためにも、そうなったらいいねと夫婦で話し合っていたので、今回の話が、どうやら転勤族としての転機になりそうです。
 夫の話では、第1候補の仙台が条件が合わず希望が通らなかったそうで、それならということで、直属の上司の方が色々口添えをして佐賀に転勤できるように取り計らってくださったのだとか。九州への転勤の可能性はないと結婚するときに言われていたくらいなので、夫も佐賀への転勤と聞いてとても驚いたのだそう。ありえないと言ってました。私にとっては本当に有難い話です。

 そういうわけで、引越しの準備でバタバタすることになりますので、ブログも余裕があるときにアップ・・という形になると思いますが、細々と続けていく予定ですので、今後ともよろしくお願いします。


 さて、話は変わって・・父の日メニューには、実に1年ぶりにオリジナルのレシピで作る激辛の1品を用意してみましたヽ(´ー`)ノ

 <<今夜の我が家の晩ごはん>>

 ○ 広島風つけ麺(私のレシピ)
 ○ 串カツ(冷食)
 ○ 鰹のたたき
 ○ キウイフルーツ  
 
20060618.jpg


 広島名物・・といえば、「お好み焼き」というのが一般的なのですが、ここ何年かで結構メジャーになってきたのが「つけ麺」です。その特徴は、タレがとにかく辛い。半端じゃなく、辛いのです。うちの近所にも専門店があるのですが、夏になると駐車待ちの車が並ぶほどの人気。
 1年前に参加していた「お酢研」へ提出するオリジナルレシピのひとつとして、広島風のつけ麺のレシピを考えました。特徴のあるタレの作り方は、当時どこにも公開されていなかったので、うちでタレを作って気軽に食べられるといいだろうなと思いつき、市販のタレを参考にしながらレシピ作りをしました。試行錯誤して作った我が家のタレは、お店や市販のものに比べて辛さが柔らかくなっています。辛いものは食べられるけど、激辛は・・という方や、辛いものがまあまあ大丈夫なお子さんにも食べてもらえるくらいの辛さで作りました。辛さは粉唐辛子や、ラー油などでも調節可能なので、味をみながらお好みの辛さにしてもらえればと思っています(^-^)

6185.jpg

 
 我が家の息子たちは辛いものが苦手なので、今夜は大人用にはオリジナルのたれを、子供用には市販の麺つゆを用意しました。
 麺と一緒に盛り合わせる野菜ですが、きゃべつはたっぷりで茹でて用意します。茹できゃべつの甘さが、いい箸休めになるのだそうです。その他、きゅうりの千切り、貝割れ、青ねぎ、ミニトマトを一緒に盛り合わせました。正式(?)なつけ麺には「紅たで」をぱらりと添えるようなのですが、スーパーにも売っていたりいなかったりなので、今日は省きました。個人的には、水にしっかりさらしたスライスオニオンをのっけても美味しいと思います♪
 チャーシューは市販品を使っていますが、家で煮豚を作ってスライスしてのせてもOK。

 タレさえ作れば、生野菜を切ったり、きゃべつ・中華麺を茹でたりさえすればあっという間に出来上がります。1品でボリュームもたっぷりですし、簡単だけどちょっと目先が変わったメニューというときに便利です。

 主食のつけ麺に加えて、夫の好物の「鰹のたたき」と冷食の「串かつ」を用意しました。あと、大人にはビール、子供には「子供用ビール」を用意して乾杯しました。今夜の献立はビールによく合うものばかりだったので、冷たいビールが一段と美味しかったですヽ(´ー`)ノ

6181.jpg6182.jpg
6183.jpg6184.jpg


 つけ麺のレシピ、よく考えてみたら、まだ「レシピ置き場」にアップしておりませんでした(^▽^;) アップしたら、また日記でお知らせします。

-----------------------------------------------------------------

 週末に夫の用事で三原まで行ったついでに、足を伸ばして尾道までラーメンを食べに行ってきました。夫の実家も転勤族で、広島に長く住んでいた時期があり、その頃よく家族で食べにいったという夫のお気に入りのお店「萬来軒」のラーメンです。瀬戸内の小魚でとっただしと、豚の背脂の組み合わせが絶妙。いつも小食なUちゃんが、しっかりスープまで飲み干してしまいます。
 お店にはもう行くことがないけど、地方発送もできるそうなので安心。夫のために、佐賀に行っても時々お取り寄せしようと思います(^-^)

6186.jpg
 
スポンサーサイト



EDIT  |  15:25  |  晩ごはん(レシピ付き)  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑
 | HOME |