FC2ブログ

2005.09.23 (Fri)

簡単メニューその1【ごまたっぷり焼きそば】

 連休だけど、我が家は夫が仕事やお付き合いゴルフやらで忙しいので、家で子供と一緒にまったり過ごしてます。

 昨晩の「カブトムシ事件」のお陰で、出鼻をくじかれたせいか、今日は何だかヤル気が起こらない・・。で、夕食は、買い置きしていた中華麺を使ってどどーんと焼きそばを作ることに決定。

「ほんのり中華味☆ごまた~っぷり焼きそば」↓ レシピはコチラ

yakisoba.jpg


 半ずりした白ゴマと青ネギがたっぷりの見た目のインパクトが結構大きい焼きそばです(^^) 白ゴマをたっぷりふりかけるアイディアは小林カツ代さんの「ごまのワーッと焼きそば」というレシピからお借りしました。
 いつもお好みソースを使ってわりとこってり味の焼きそばを作っていたので、ちょっと家族を驚かせたいな~と思い、中華味のあっさりめの味付けにしてみました。

 ちょうど出来上がった頃に、パパが会社から帰ってきたのでみんなで食卓を囲むことができました。席に着くなり
 
 「えー。焼きそばなの~~(ー公ー)」

と不満顔のUちゃん。

 「おなかそんなに空いてないから、1杯も食べられないかも・・」

と小さい声でブツブツ・・←パパに怒られるのを恐れて小声

 まあ、食べてみなさいとなだめて食事が始まったんだけど、結果、Uちゃん
はおかわりすること4杯。いつもの焼きそばよりも好みの味だった模様。

 大人向けにはもっと辛口にしたいところなんだけど、何かこの焼きそばに合うのか考えてみるのが今後の課題。辛子マヨとかふりかけても美味しそうなんだけど、マヨ使うと「全てがマヨネーズ味」になっちゃうのがどうもねえ・・。
スポンサーサイト



EDIT  |  21:13  |  私のレシピ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.09.23 (Fri)

真夜中の死闘

 第1ラウンド午前3時過ぎ。第2ラウンド午前4時半頃。

 これが何のことかって?

 これ

 逃げ出したカブトムシ♀と私が死闘を繰り広げていた時間
 なんですよ・・・ε-(ーдー)ハァ


 ムシキングの流行のお陰で、我が家の長男も次男も大の昆虫ファンに。Uちゃんは図書館から借りる本といえば、カブトムシ関連。夕食の話題にも、

 「コーカサスオオカブトってさ~、・・(省略)」
 
 「でね、○○くんが一番強いカブトムシはヘラクレスオオカブト・・(省略)」

とムシ・ムシ・ムシ・・。

 できればごはん中に虫のハナシは勘弁してほしい。。。

 まだよくわかっていないJまでも

 「クッシー、クッシー(虫)」

と大騒ぎ(;´Д`) 100円ショップで買った虫ケースにガシャポンで買ってもらったカブトムシのおもちゃを入れて、満足げに眺めております。

 うちにはUちゃんに泣きつかれてしぶしぶ飼い始めた本物のカブトムシもいます。

 オスは熊本のテーマパークで買った「九州男児」で名前はカブト王子。

 メスは近所のペットショップで買った姫カブトで、名前は姫ちゃん。

名づけはUちゃん。男の子だと、何にでも「~王子」と命名。ベランダで育てたこどもチャレンジのミニトマトの名前も「トマト王子」┐('~`;)┌

 「姫ちゃんって、可愛いよね~。メスはちっちゃくて可愛いよね。」

Uちゃんは小さなカブトムシのメスを見て、可愛い女の子をイメージしたらしい。・・・が、姫カブトって、名前に似合わない激しい闘争本能を持っている種類なんだよね。ひっくり返って大変そうな姫ちゃんを、ちょっと起こしてあげようと手を近づけただけで

 シャーッ、シャーッ、シャーーーーッ

と大威嚇(ー公ー) 東南アジアからやってきた姫ちゃん。何だか気の強いフィリピーナのイメージ。肥後もっこすのオスカブトは静かにおだやか~に暮らしているというのに、姫ちゃんは人間と見れば、ものすごい勢いで威嚇の嵐。
 あまり気が強い方でないUちゃん。姫ちゃんをつかむときの手の震え。

 水が入ったコップを持たせたら、全部こぼれるでしょう。そんな感じ。

 本当に脅えているのね。

ってことが、よーくわかる震えっぷり。というか、そんなに震えてる人、今まで見たことない(´m`)クスクス


 昨晩は、パパは出張外泊。Uちゃんは自分の部屋で、私とJくんはカブトムシのケースのある部屋で眠りにつきました。

 ガサ。ガサ、ガサ

 ガサガサガサガサ

 ブーン、ブーーン

 なんだ。。何の音??と寝ぼけ眼で辺りを見回すと、なにやら黒いムシが豆電球めがけて猛突進。

 ブーーン、ブーーーーーーン、バシッ(電灯に激突)

 あまり虫関係が得意ではないので、プチパニックに陥りながら色々頭を巡らせてみる・・・・うちにはとりあえず「G」はいないはず。引っ越してきてからここで1度も見ていないもんね。

 では、巨大な蛾???
 
昔、戦ったことのある巨大な蛾。んー、でも、しっかり窓も閉めてるし、蛾が部屋に入ってくる可能性はハッキリ言ってナシ。

 じゃ、やっぱりうちのカブトムシか?? ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン
 
慌てて電灯をつけて、カブトムシのケースを確認。オスはいつものごとく、マイペースにゆったりと黒蜜などを食べている模様。

 だとすれば、あいつは間違いなく姫ちゃんではないか・・Il||li_| ̄|○ il||li よく見てみると、昼間にUちゃんがケースの蓋をあけてカブトムシを観察していたみたいで、蓋が少しずれていた。ここから、姫ちゃん、脱出しちゃったんだね。

 夫もいないし、息子たちは熟睡。仕方がないので、ティッシュ片手に私が姫ちゃんを捕獲することに。本当は触るのも苦手なんだけど、半分寝ぼけているお陰でその辺りが軽く麻痺していて、いつもより強気で姫ちゃんと渡り合えそう。

 ブーーーン、ブーーーン、バシッ

ひときわ大きな音を立てて、姫ちゃんは電灯に激突。ヨロヨロと寝ているJのそばに不時着すると、ごそごそと隅っこへ逃走。ケースの蓋とコバエ対策用の新聞をずらして、急いで姫ちゃんをティッシュでくるんで捕獲し、ケースへ戻しました。いつもの如くものすごい威嚇で一瞬びびったけど、 早く眠りたい一心ですばやく捕獲。今度はきっちり蓋をしめて、安心して眠りにつきました。


ガサ。ガサガサ。ガサガサ

ん??

ガサガサ、ガサガサガサガサ

あれ??

ブーーーーン、ブーーーーーン

あれれれれ???

せっかく気持ちよく眠っていたのに、またもや姫ちゃん脱出の模様。

姫ちゃんを戻して、コバエ防止用の新聞紙を置いて、きっちり蓋を閉めたよね。プラスチックの小窓もきちんと閉まっている。

んじゃあ、なんで外に出られるの????(゜Д゜) ハア??

なんで~~??と「?」で頭がいっぱいになりながら、また電灯をつけて姫ちゃんの姿を探す。そして、ケースの蓋をチェック。チェックも何も、誰も触っていないから私がきっちり閉めたままの状態。

 とりあえず、原因を究明しないと何度も繰り返されると思い、蓋をとってみました。すると、のぼり木を置いている辺りに小さく新聞を破った跡が・・。どうやらのぼり木に登って、ガサガサと新聞を引っかいて破り、新聞紙の上に更に登った様子。で、簡単に開け閉めできるプラスチックの小窓を押し上げて出てきた・・・これしか考えられない。

姫ちゃん~~~。

腕っぷしが強いだけじゃなく、結構かしこいのね(T▽T)アハハ!

 2回目は、睡眠を邪魔された怒りも加わって、ティッシュ無しで姫ちゃんをわし掴み。大暴れで逃れ、またもや空を飛んで逃走。が、こっちも負けずに、カーテンに止まったところを間髪入れずに捕獲。すばやくケースに戻して、新聞紙を乗せ、蓋をきっちり閉め、今度は近くにあったそこそこ溜まっている500円貯金箱を重石に乗せました。

 もはや、抜け出せまい・・・ヽ(´ー`)ノイ

 一応、戦いに勝って満足はしたものの、しっかり目が冴えてしまいました。
仕方がないので、昨晩録画しておいた「電車男」を早朝から見ることに。

 <電車、エルメスタン、良かったね~~~>

 <電車母はマチルダさんだったんだ~>

 <陣釜さん、オトコらしいわあ>

 <次は大奥かあ♪>

ハッピーエンドのドラマはやっぱりいいね~。すっかりいい気分になったところで、Uちゃん起床。

「おはよう。もうカブトムシたちは起きてるかな・・、まだ姫ちゃんは寝てるみたいだね。」

・・・・・・、ヤツは今から寝るんだよ

 多分、重石があれば大丈夫のはず。一応、念のために今夜はカブトムシのケースはパパの部屋に置くことにしようっと(^▽^;)
EDIT  |  14:51  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME |